アクセスアップをお考えならSEOで決まり!
SEOは様々な効果により検索エンジンに
ヒットしやすくさせるテクニックの事です。
自分で出来るSEOを貴方も実践してみませんか?

SEOに好まれる技

内容が素晴らしいサイトでもきちんとしたタグを使用していなければSEOに良質なサイトであると認めてもらえません。少しなれてくるとページの情報をふんだんに織り込んだ複雑なソースをやってしまいがちですがそのソースや部分を構成するタグにもSEOに好まれる方法とそうでない方法があります。ではどのようにしてサイトを構成すれば、SEOに良質なサイトとして認めてもらえるのでしょうか?ここでは良質なサイト制作のための基本をご紹介します。

SEOに効果があるタグについて

今はほとんどのタグがSEOに効果がありますので使えるところは沢山使っても構わないと思います。もちろんちゃんとした知識を踏まえた上でなら。例えばタグを使わずに普通に文章を書くより「p」タグで囲ってあげたほうが検索エンジンのロボットはそれをテキストだと認識しやすいのでSEO的には効果があるといえます。その他にも「title」や「meta」、「strong」、「li」タグなどがSEOに効果的です。

見出しについて

みなさんのサイトは見出しや重要な部分となるフレーズをどのような方法で記述していますか?大体は「h1」で構成するか一部のテキストをCSSで大きく表示したり色づけしたりする方法を取るでしょう。見出しは見出しとしてきちんと認識してもらうためには「h1」を利用するほうが効果的です。「h1」から「p」タグへと続くと検索エンジンはそれがきちんとした文章であると認識してくれます。

当たり前のことですが中には「h1」で見出しを作るとビジュアルがちょっと・・・という理由で「p」タグで作ったテキストに装飾をし、見出しとして見せているサイトもあるようです。人間の目からみればそれは見出しだと認識できるかも知れませんが検索エンジンのロボットから見るとそのようにつくった文章には見出しが無いと間違った解釈をされるかも知れません。それと「h1」で作った見出しは文字サイズが大きくビジュアルを損ねますがCSSでサイズを指定してあげれば、見た目にもスッキリして綺麗に見えますよ。文字サイズの変更はSEO的にもなんら問題ありませんので検索エンジンもきちんと見出しであると認識してくれるはずです。ちなみにタイトルも見出しも検索をされたいキーワードを含んだできるだけ短い文章が効果的と言われています。1ページに「h1」を使うのはなるべく1回にしましょう。それ以上に見出しを使用したいときは「h2」、「h3」と続きます。

ソースについて

ソースというか構成なのですがなるべくキーワードを含んだ文章や「h1」はサイト上部にあったほうが良いとされています。SEO効果はあまり期待できないとおっしゃる方も中には居ますが対策はやるにこしたことはないでしょう。しかしあまりこだわりすぎる必要もないのでビジュアルを優先させたい場合はそれで構わないと思います。ちなみに「table」タグよりもCSSで構成したほうがSEO的には効果があります。

難しくてよく分からないという方へ

ホームページ制作の業者はあくまで制作がメインなので、SEOまで考慮したホームページは作成してくれない場合が多いです。 業者に依頼して作ってもらった方にとってはHTMLは非常に難しい呪文の様に感じるのではないでしょうか。 しかし、SEO対策には力を入れたい、そのためには内部の修正が必要…とのことでお悩みでしたら、SEO専門の業者に依頼して内部対策をしてもらうことをオススメします。

免責・事項
当サイトの情報をご利用の際は全て自己責任でお願い致します。
当サイトが紹介するサイトでなんらかの通信障害・トラブルが発生しましても、当サイトの管理人は一切の責任を負いません。
当サイトの画像やテキストを無断で使用することは禁止します。
当サイトへのリンクはフリーです。特に連絡する必要はございませんのでお気軽にご使用下さい。

Copyright © 2009 知ろう!学ぼう!SEO! All Rights Reserved.